道の駅小豆島オリーブ公園を最高に楽しんできました!

小豆島観光で最初に訪れたの道の駅小豆島オリーブ公園です。

ここは映えるスポットが多く、小豆島の中でも人気スポットとなっています。

今回は道の駅小豆島オリーブ公園を訪れて、楽しんできて様子をお伝えしていきます!

目次

駐車場

駐車場はオリーブ記念館の周りと、オリーブ記念館の坂道の下の方にあります。

オリーブ記念館の坂道の下の方の駐車場はオリーブ公園第3駐車場で2段に分かれています。

上段は乗用車54台駐車可能で下段は乗用車11台・大型バス6台駐車可能です。

行楽シーズンには警備員も配置されるようですが、僕の伺った日曜日は警備員もおらず、駐車場も余裕で空いている状態でした。

駐車場は広いので、満車になることは少ないかと思います。

道の駅オリーブ公園のグーグルマップです↓

道の駅小豆島オリーブ公園 · 〒761...

ギリシャ風車

道の駅オリーブ公園といえば、このギリシャ風車が有名です。

瀬戸内海の海とオリーブが見える中に、白く美しい風車が佇んでいます。

ここで写真を撮る方がすごく多く、SNSで投稿する方も多いです。

僕たちが向かったタイミングでも既に2組ほどが撮影していました。

僕たち以外はみなさん、魔女の箒を使用し撮影されていました。魔女の箒が一番映える気がします。

ちなみに魔女の箒はオリーブ記念館の中で、無料で貸出を行っていますので、誰でも撮影することが出来ます。

しかし、僕は箒には頼らず、自らの力で飛びました!!魔法には頼りません笑

やっぱりただただジャンプするのが一番原始的で一番楽しんでいるように見える。

基本こういうところでは飛んでいます笑

またギリシャ風車の周りはたくさんのオリーブがあり、その風景も圧巻でした。

僕が伺った7月中旬はセミもたくさんいたので、虫が苦手な方は注意してください…。

オリーブ記念館

道の駅オリーブ公園の中心にある、オリーブ記念館。

中にはオリーブ公園での歴史や小豆島の歴史などが展示してあり、見ごたえがありました。

また小さな売店もあり、珈琲やジュースなども販売していました。

その中でオリーブ記念館で個人的に気に入ったものが3つありました。

オリーブの葉でしおり作り

まず1つがオリーブの葉でしおり作りというもの。

園内で自分でオリーブの葉を摘み取り、それを購入したしおりに挟みラミネーターで止めるというもの。

世界に一つだけの自分だけのオリーブのしおりを作ることが出来ます。

思い出の品にもなるし、実用的に使えるため、速攻で購入しました。

値段は120円とお手頃。しおりのデザインもいくつかありました。僕はシンプルなものを購入。

基本的にデザインはシンプルなものが好みです…笑

そして早速作ったものを写真撮影!うんいい感じ!!

安いし、思い出にもなるのでぜひ皆さんもやってみてください!!

風車缶バッジのガチャガチャ

次に気に入ったものはこの風車の缶バッジのガチャガチャ。

一回200円で7種類の缶バッジのどれかが当たります。

基本的に缶バッジは興味はありませんが、これは惹かれました。

何と言ってもデザインが可愛い。

昼、夜、春、夏、秋、冬、虹の7種類があり、どれも可愛いです。そしてここにしかない限定品。

どれが当たってもいい感じなので、2回チャレンジしました。

出たのは秋と虹。これもいい感じ。

旅行気分を味わうために、この缶バッジをカバンに付けます!小豆島楽しんでます感がめっちゃ出ます笑

周りのお客さんも結構回しており、かなり人気のあるガチャガチャです。

一度訪れた際には記念に一回まわしてみては?

オリーブサイダー

次に気に入ったものは、オリーブサイダー。

オリーブ記念館の中にある売店に販売されており、デザインが可愛いオリーブサイダー。

訪れた日はそれは暑く、暑く、灼熱の暑さ。

もうなにか飲みたい!!そんな気分でした。

そんなときに見つけたのがオリーブサイダー。もう買うしかありません笑

デザインが可愛いのも決め手で、家で花瓶として使えそう。

飲んだ感じは爽やかなりんごの味に近かったです!

暑い夏空の下で飲むサイダーはもう最高の一言です…。

まとめ

道の駅オリーブ公園はこの他にもたくさんの見所があります。

カフェやレストラン、魔女の宅急便のロケセットなどもあり、長い時間楽しむことが出います。

ぜひ小豆島に遊びに来た方に訪れてほしいポイントです。

今回は道の駅オリーブ公園で個人的に楽しめたポイントを紹介しました!

日本ブログ村PVランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村 きなこブログ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

35歳、長野で生まれ、高校卒業後は岐阜のリハビリの専門学校へ。卒業後、そのまま岐阜で就職。2022年12月に結婚。新婚生活の様子などを中心に日々の記録を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次