丸亀製麺のシェイクうどんを食べてみた!

先月の5月16日から販売された丸亀製麺のシェイクうどん。

うどんをカップに入れ、シェイクして食べるという斜め上の発想。

商品開発部の努力が垣間見えます。僕なら思いつかない。流石です。

今回はそんなシェイクうどんを食べてきました!

目次

価格・お持ち帰りの方法

丸亀製麺のシェイクうどんは現在3種類販売されています!

梅おろしうどん、明太とろろうどん、ピリ辛坦々うどんの3種類です。

以前はごまだれサラダうどんとピリ辛坦々さらだうどんも販売されていましたが、異物混入の一件から現在は販売されていないようです。

値段は以下のようになります。

梅おろしうどん390円(税込)
明太とろろうどん390円(税込)
ピリ辛坦々うどん490円(税込)

個人的には思ったより安いと感じました。

コンビニのうどんも同じ程の金額なので、丸亀のうどんがコンビニと同じ感覚で食べられると思うと安いです。

シェイクうどんでの注意点はお持ち帰りの専門商品ということ。

店内での飲食はできないため、注意してください!

僕は今回初めて丸亀製麺でお持ち帰りをしました。

なので、丸亀製麺の持ち帰りってどんなシステムかわかりませんでしたが、やってみたら思った以上に楽でした!

店内に入ると、持ち帰り専門の記入用紙があります。

そこに持ち帰り商品の一覧が載っているので、欲しい商品の横に購入個数を記入し、受付の店員さんに渡すのみです。

記入用紙を渡すと、商品をその場で作り、手渡しされます。

あとはそのままレジに進み、支払うのみです。思った以上に簡単!

そんなこんなでシェイクうどんを購入していきました。

シェイクのコツ、実食!

夫婦二人とも明太とろろうどんを選びました。

こういう記事書くときって普通、全種類買うか、それが無理でも別々のものを買うのがセオリーですが、そんなのも無視して二人とも自分の食べたいものを選びました笑

欲望には抗えないのです。人間の性か…。

シェイクうどんということで、蓋をしっかり押さえながら夫婦揃って全力シェイク!!

シェイクしていて気付いてのは縦にシェイクするより、斜め45°程に傾けた状態でシェイクするとより混ざりやすい。

縦にシェイクするとただ上に載っている具材が上下するのみで悲しくなってきます笑

30秒ほどシェイクしてからいよいよ実食!

カップ全体にとろろ、明太子、ネギ、天かすが混ざり合って美味しそう。

すすってみると安定の丸亀の美味しいうどん!

とろろのおかげでスルスルと麺が入ってきて食べやすい。

うんうん、これこれこの麺の感じ、丸亀や〜なんて当たり前のことを思いながら食べ進めていきます。

390円でこの美味しさなら非常に満足。あっと言う間に麺や具材がなくなっていきます。

シェイクしたためか、麺や具材につゆがしっかりと馴染んでいて美味しいです。

次、頼むときは梅おろしうどんかピリ辛坦々うどんにしてみようかな!

カップの大きさも食べやすいい丁度いい大きさで、シェイクして食べるというのは子供も楽しめそう!

お一人様からカップル、家族、どの世代でも楽しんでどこでもうどんを食べられるシェイクうどん。

これからもどんどん増えていきまそうな予感がします!

日本ブログ村PVランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村 きなこブログ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

35歳、長野で生まれ、高校卒業後は岐阜のリハビリの専門学校へ。卒業後、そのまま岐阜で就職。2022年12月に結婚。新婚生活の様子などを中心に日々の記録を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次