『バチェラー5』エピソード1−3を見ての感想(ネタバレあり)

8月3日より配信開始となったバチェラーシーズン5。

アマゾンプライムの名物番組で、恋愛リアリティ番組の中でも高い人気を誇ります。

バチェラーと呼ばれる独身貴族の男性が多くの女性の中から運命の人を見つけ出す旅というコンセプト。

今回はバチェラー5のエピソード1−3を見てまでの感想を忖度無しで書いていきたいと思います!

目次

バチェラー 長谷川惠一

まず、今回のバチェラー5の感想を書いていく前にバチェラーの長谷川惠一さんについて。

今までのバチェラーは会社経営者などの本当に収入が高く、イケメンの方が選ばれていましたが、今回の長谷川惠一さんは今までとテイストが少し違います。

現在は会社を立ち上げ、会社経営者の立場ですが会社自体はまだまだこれからという感じ。

高身長でルックスも良く、人柄も素敵ですが、今までのバチェラーと比べると経済力でやや見劣りする部分は否めません。

エピソード1のファーストインプレッションの前に、「バチェラーお時間です」でおなじみの坂東さんからこんな一言が。

「今回の女性たちは長谷川さんがバチェラーと知った上でお集まり頂いています」

今まではバチェラーは誰かは知らずに、女性陣はファーストインプレッションを行っていましたが、今回は知った上での対面。

番組サイドとしても、長谷川さんと知らずに対面した際に、変なトラブルなどの発生を予防したかった意味合いもあるのでしょうか。

今までのバチェラーとは少しテイストの違う感じ。

完璧ではない男が見せるバチェラー5。

どんな物語になっていくのか、バチェラー長谷川惠一さんがどう成長していくのかも楽しみです。

エピソード1

今回のバチェラーの舞台はメキシコ。

メキシコは少し治安の悪いイメージがありましたが、凄いリゾート地が用意されていました。

この美しい景観のなかで、どのような物語が展開されていくか楽しみです。

最初はファーストインプレッションから。

参加メンバーの女性陣が長谷川さんの前に一人ずつ登場していきます。

短い対面時間の中で、各々が考えたプレゼントや言葉を伝えていく時間。ここでも個性が見えてきます。

僕がファーストインプレッションの気になったシーンは、緊張して泣き出してしまう大内悠里さん。

言葉もオドオドしており、大丈夫かなと心配になるほど笑

こんなに緊張感が伝わる方は始めてかも知れません。これから頑張って欲しい!

そして、次に気になったのは児玉愛里さんと大野博美さんとのやりとり。

児玉さんがファーストインプレッションの際に、カクテルパーティーで最初に話すことを約束し直後に、大野さんからも同様に最初に話したいと提案が。

ここで素直に、事前に他の人と約束していると伝えればいいものを、断りきれない性格なのか、傷つけたくない優しさからか、指切りをしてしまいます。

その後に、どうしよう約束しちゃったな〜と焦る長谷川さん。

このはっきりとものを言えない性格がどう物語に影響してくるか…。悪い方向に行かないといいですが…。

ファーストインプレッションが終了し、カクテルパーティーへ。

最初に約束した児玉さんが挙手をしますが、長谷川さんは大野さんと約束をしたからと大野さんを選びます。

このことに対して初回ということもあり、児玉さんからは不満に繋がることはなかったのが救いでした。

これが中盤以降に同じことが起きていたら、女同士のバトル、長谷川さんへの不信に繋がる可能性が。

恐ろしい…。

初回カクテルパーティーは各々がこの旅に参加した理由や長谷川さんへの思い、自分の過去、何気ない会話などで過ごしていきます。

バチェラーシリーズを見ているとこの最初のカクテルパーティーの雰囲気でこの人は残りそう、落ちそうというのがなんとなく分かります笑

本当になんとなくですが笑

そして、初回のカクテルパーティーのみ用意されているファーストローズ。

最初のローズセレモニーを待たずに、バラを渡す一人を選ぶ。

今回のファーストローズは鈴木光さん。笑顔が素敵な女性。芯から明るい感じが伝わってきます。

ファーストローズを受け取って最後の一人に選ばれたのは、バチェロレッテ2の佐藤マクファーレン優樹さんのみ。

一応、バチェラー3の岩間恵さんも最終的には選ばれた形になっていますが、番組上では水田あゆみさんだったのでカウントしていません。

今回の鈴木さんはどうなるか…。

個人的には正直このファーストローズはそこまで価値があるとは思っていません。

本当に第一印象という感じ。最初のローズセレモニーの確定通過出来る程度のものと捉えれています。

そして、カクテルパーティーで印象的だったのは、月田侑里さん。

なかなか積極的に長谷川さんに話しかけに行けないなか、長谷川さんの方から軽くお誘いを受けます。

しかし、他の話していない方にどうぞと譲っていく。

何をしてるんだ、月田さん!と言いたくなりますが、それは人それぞれです。

作戦?それとも本当に気を使って?それか緊張して?理由は分からずですが、なかなかの選択をしていきます。

読めない女性です。なんとなく醸し出す空気感も他のメンバーと違い、一匹狼タイプな感じ。

これからどう長谷川さんと関わっていくのかが楽しみです!

そして、ローズセレモニー。

脱落したのは児玉愛里さんと竹田智美さん。

最初のローズセレモニーは正直、運要素もあると思っています。

これから旅を続けていく中で、もっと知りたいと感じた度合いの差だけだと思っています。

この最初のローズセレモニーが終わってからが本当のバチェラーの始まりです!!

エピソード2

一夜明けた、早朝。

最初のデートは全員でのワークアウト。長谷川さんの本職としていた部分。

長谷川さんは以前にライザップ銀座店で働いており、売上が一番良かっとされています。

得意不得意はあるけれど、頑張っている姿を評価していきたいと話していた長谷川さん。

努力している姿勢を評価していくいうのは、スポーツの厳しい世界で生きてきた長谷川さんなりの考えが強く出ていると感じました。

ワークアウト自体は終始和やかな雰囲気で進んでいきます。

まだ初日で前に前にとアプローチを掛けていく人はいないよう。

その後は、長谷川さんが指定した5人で食事をすることに。

選ばれたのは、竹下理恵さん、大野博美さん、尾﨑真衣さん、明石真由美さん、齋藤由依さん。

食事の際は竹下さんの、話そうとするときに相手の気持ちを考えすぎて言葉を選んでしまい、話すが遅くなってしまうことがあるとの発言に、長谷川さんが強く共感。

まるで自分のことを語っているように感じたとのこと。

自分と親しいものがあると一気に親近感が湧きます。ちなみに僕もこの気持ちが凄く分かります。

食事も和やかに進む中で、テーマは子供が出来たときの教育での考え方について。

このテーマになった際に、尾崎さんは自分の考えを述べながら、長谷川さんと楽しき話していきますが、他の女性陣、特に大野さんと竹下さんは浮かない表情…。

二人としては子供がいる前提で会話を進めていくのが嫌だったと。世の中には産みたくても埋めない人や、産まない選択をする人がいる中で、子供を産むことが当たり前のように話をするのに嫌悪感があったとのこと。

確かにこの段階で話すテーマとしては、良くなかったかも知れません。

センシティブなテーマのため、もっと関係性を築いてからのほうが良かったと思います。

食事後は長谷川さんの指名で尾崎さんと2ショットデートに。子供の教育方針が似ているというのが決め手。

2ショットデートではお買い物デートで、長谷川さんから尾崎さんに服のプレゼント。

いい雰囲気のまま、海が見える場所できれいな場所で生い立ちなどについてゆっくりと話し合います。

なんかとてもいい雰囲気。二人の距離感もグッと縮まっていきます!

ここで取り出したのはサプライズローズ。もちろん笑顔で受け取る尾崎さん。

初回の2ショットデートからサプライズローズまで、素敵な時間を過ごせた尾崎さん。とてもいい感じです。

次に用意されたデートは、選択デート。

・木漏れ日の中でのんびりなひととき ・海で身も心もアクティブに

の2択。長谷川さんはどちらかにしか参加しないという、2分の1の運ゲー。さてどうする。

これはなかなか女性陣には不評。運では無くてしっかり選んでほしいというのが本音。

すごく気持ちはわかります。自分の努力ではどうにもならないことで外される可能性があるのは、すこし不公平感があります。でもそれがバチェラー。こういうときにいかに感情的にならないかも大事だと思います!

もし僕が選ぶとしたら、木漏れ日の中でのんびりなひとときです。

海より涼しい木漏れ日にいたい笑

結果として長谷川さんは海で身も心もアクティブコースに参加。僕は外しました…笑

ここで運良く参加できたのは、齋藤由依さん、輿水りささん、大野博美さん、高須賀佑紀さん、朽木愛シャさん、本田美羽さん、西山真央さんの7人。

みんなで楽しくクルージングしたあとに、それぞれ2ショットでのトークタイム。

ここでは大野さんが以前のグループでの食事デートでの際の子供の教育方針の話について指摘する場面が。

その話を真面目に聞き入り、自分にも非があったと素直に謝罪する長谷川さん。

しっかりと話しを聞き、相手の意見を否定せず素直に受け止める姿勢は素晴らしいです!

そして、そのあとは長谷川さんより2ショットデートのお誘い、誘われたのは西山真央さん。

移動方法はバチェラーではお馴染みのヘリコプター!笑

もうヘリは飛ばしたもんがちです笑

そして二人きりで、ビーチでゆったりと過ごします。話し合う内容は理想のパートナー像について。

話がどんどん弾むと言うよりかは、長谷川さんがより自然体で凄いているのが印象的。

西山さんといると楽だわ〜とも話しているように、かなりリラックスしている。

尾崎さんのときは口数多く、西山さんといるときは口数は少なめ。それでもお互いに気まずくなること無く、穏やかな時間を過ごせている。

フィーリングが合うのかも知れない。そう感じるほどいい感じ。

ここでサプライズローズを差し出す、長谷川さん。まあ、そうなる!笑

いい感じの二人。西山さんはこれからも残ってきそう!

そして最後はカクテルパーティーの時間。

このカクテルパーティーの冒頭で長谷川さんから全員に対して、一部の方を傷つけてしまう発言(子育てのこと)をしてしまったことをしっかりと謝罪しました。

特に大きく取り上げられるシーンではありませんでしたが、個人的にはエピソード2の中で一番印象的なシーンでした。

個々で謝罪したあとに、また全体にもしっかりと謝罪をする。出来そうでなかなか出来ることではありません。

長谷川さんの人間性。優しさや誠実さが感じられる場面でした。

カクテルパーティーが始まり、ここで長谷川さんから月田さんを誘いやっと二人の会話に。

本当に月田さん長谷川さんとほとんど関わっていない…。

ここでは初回のカクテルパーティーで話さなかった理由が明かされます。

初回のカクテルパーティーで、長谷川さんの緊張が伝わってきて、自己アピールより長谷川さんがほっと一息ついたときに少しでも話せたら幸せだと思ったとのこと。

また年齢が上の方なので、年下の子たちが先の方がいいと思ったと伝えました。

この気持ちを知った長谷川さんも、素直に感動したと伝えて行きます。でももうそう思わなくていいよとも伝えていきます。

なかなか読めない女性ですが、本心はどこにあるのか。まだこの段階では分からず。

そして、印象的だったのは大内悠里さん。

長谷川さんと話すときは緊張のあまり、おどおどして泣いてしまう大内さん。

今回はしっかりと思いを伝えるために、手紙に書いてきて読み上げる大内さん。

自分の過去を赤裸々に語り、その思いに応える長谷川さん。短い時間の中でもグッと距離が縮まった感じがしました。

そしてローズセレモニーの時間。

今回脱落したのは、高須賀佑紀さんと齋藤由依さん。

高須賀さんはあまりこれといった見せ場がなく、終わってしまった印象。もう少しバチェラーと話す時間があれば違ったのかも…。

齋藤さんはグループデートで何度か長谷川さんと一緒になるも、これといった印象を残せず。

芸術家でどんな風にかき乱していくか期待していましたが、少し残念な結果に…。

エピソード3

3日目となる、朝はヴィラでの訪問デート。

長谷川さんが各部屋を周り、最後に一つの部屋を選択し、ご自身の部屋に案内するというもの。

各部屋の女性陣が趣味趣向を凝らし、様々な演出をしていきます。

今までのバチェラーにはなかった光景。今まではバチェラーは女性の部屋を訪れることは滅多に無く、来たときにはもうパニック状態!!

そんな感じなのに、長谷川さんのときはそんなことはなく、長谷川さんも女性陣もリラックスしている様子。

良くも悪くも距離感が近く、親しみやすいバチェラーという感じ。

そして一回りしてきて、選んだ部屋は西山さん、尾崎さん、竹下さんのグループ。

この選択には他の女性人からは多くの不満が…。

それもそうです。

2ショットデートの尾崎さん、西山さんがいるのに、また選んだら他の女性からしたら面白くありません。

「こんなのもう決まってるじゃん」「いる意味ない」「もう帰ろうかなと」などもう愚痴まつり状態!!

そんなこととはつゆ知らず、自身のヴィラで料理を3人に振る舞う長谷川さん。

三人での会話の最後に、竹下さんを2ショットデートに誘います。

デートはマットバスという聞いたことない、泥状のお風呂。これ温かいの冷たいの?とどうでもいいことが気になります笑

二人でお風呂に浸かると早速、竹下さんから泥を掛けていきます。

そしてバッグハグの形に自然となっていきます。凄く積極的な竹下さん。

ここで竹下さんから長谷川さんに対してどうしても伝えていきたいとことがあると、切り出していく。

実は難病持ちという竹下さん、筋肉の病気とのこと。現在は落ちつているも、再発すると力が全然入らなくなるとのいうもの。

そういった自分のセンシティブな部分を赤裸々に話してくれる竹下さんに、長谷川さんも真剣に向き合います。

会話は決して重い感じではなく、二人の和やかな雰囲気の中で進んでいきます。

そして最後にはサプライズローズを貰う竹下さん。最後に頬にキスをする竹下さん。

身も心もグッと縮まる素敵な時間でした。

シーンは変わり、不満で溢れかえっているヴィラの部屋に坂東さんが訪問していきます。

明日の2ショットデートのお誘いの手紙。

誘われたのは大内さんと、輿水さん。

不満愚痴モードから素直に喜びに変わる大内さん。

相変わらず煮えきらない様子の輿水さん。明日のデートはどうなるか少し心配になります。

そしてまずは大内さんの2ショットデート。

実は撮影の裏側で、大内さんは女性メンバーからの信頼が厚い人になっており、大内さんの言う事なら信じてみようという女性メンバーもいるほど。

確かに長谷川さんの前だとオドオドされていますが、他の部分では落ち着いた様子で、しっかりとした女性という感じがします。

そんな大内さんはこの2ショットデートでは、お互いの時間を持って知っていきたい時間にしたいと提案。

長谷川さんにたくさん質問をしていきます。

確かに話す時間も短く、お互いのことを知る機会が少ないため、こういう時間、話す内容はすごく大切です。

どんどん質問をして、長谷川さんの回答を聞く度に、納得していく大内さん。

サプライズローズは貰えませんでしたが、とても充実した時間となりました。

ヴィラに戻ってから大内さんから、人づてではなく実際に自分で見た長谷川さんを信じるべきと話があり、他の女性人も賛同していくかたちに。大内さん素晴らしい!

そして、輿水さんとの2ショットデート。

長谷川さんのために作ったという浴衣。2週間ほど時間を掛けたとのこと。凄すぎる…。

青の浴衣姿とピンクの浴衣姿が似合う二人。

家族の写真を見ながら穏やかに話し合う。ゆっくりとした時間。

輿水さんからは自分がどれだけ長谷川さんのことが好きということかストレートに伝える言葉が。

最後には愛していますと一言。昨日の不満爆発モードが嘘のよう…。

二人で手持ち花火をしながら、最後にはサプライズローズが。2ショットデートでのローズ率がかなり高い!

そして最後のカクテルパーティーの時間。

なんと今回は落ちる人数が3人。いつもより一人多い!!

ここで長谷川さんと話せていない、女性陣はここぞとばかりの「次いいですか?」の予約制度を発動!

しかし、こんな中にいても、あの月田さんは動かない…。

他の女性人もあと少しとなったところで、やっと話しかけに行く月田さん。

断られるのが怖いという気持ちを表した月田さん。今まで行動を移さなかったのは性格が影響しているのか…?

そんな月田さんに遠慮しなくていいと諭す長谷川さん。

また言葉数は少なくても、思いは十分に伝わっていると話していく長谷川さん。

これから月田さんと長谷川さんはどのように変化していくか楽しみです!!

そしてローズセレモニーで脱落者は明石真由美さん、大内博美さん、本田美羽さんの3人でした。

明石さんあざといキャラで頑張っていましたが、いまいちハマっていない印象でした。

また大内さんが落ちたのは意外でした。僕的には朽木愛シャさん、周典さんあたりが落ちると予想していました。

本田さんもここまであまりバチェラーと交流を深めることが出来なかった印象。

エピソード3までが終了し、残りの女性陣は残り9人。これからどう物語が進んでいくか楽しみです!!

ここからは完全に個人的な話ですが、僕は嫁とずっと二人でバチェラーシリーズを見てきています。

そこで最初からやっているのが、誰が最後に一人に残るか当てるゲーム。

そして当てた場合は居酒屋か焼肉を奢ってもらうというもの。

そう、奢りをかけた夫婦の仁義なき戦いなのです。

嫁

絶対に負けられない戦いがここにはある!!

いつも賭けるタイミングは初回のローズセレモニー終了後のメンバーから。

それぞれ二人を選ぶ形です。

僕は竹下理恵さん、尾崎麻衣さん。

嫁は月田侑里さん、輿水りささん。

今のところ全員残っており、どうなるかはまだまだこれからです。

最後の一人は誰になるのか、居酒屋、焼肉を奢るのはどっちになるのか。

これからのバチェラーにも目が離せません!!!


日本ブログ村PVランキング参加中です。いつも応援クリックありがとうございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村 きなこブログ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

35歳、長野で生まれ、高校卒業後は岐阜のリハビリの専門学校へ。卒業後、そのまま岐阜で就職。2022年12月に結婚。新婚生活の様子などを中心に日々の記録を書いています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次